Hakoniwa b. ガーデニング 好きなもの、おすすめのもの、良いもの

October – 土を耕す時間

10/14/2021

 

去年のいまごろは、発達障害の発覚やら病院三昧で

秋の花を楽しんだりする余裕もなかったんだけど、逆に他になにもできなくて、

引っ越す前のマンションのベランダに、静かに花を植えてた気がするな。

コンテナ(プランター)で植えるお花は、そのまま季節の入れ替わりとともにごそっと古い株や土を捨てて、新しい土を入れ替えるだけでよくて

それはなんていうか、古くなった彼氏にさよならして、また新しい彼氏とつきあって、また古くなったら彼氏を入れ替えて、みたいな軽快な感じ。

 

それに対して、花壇や地植えの土というのは、まず長期で関わるために耕すところから始まる。

まさに、嫌になったら別れる彼氏と違い、一生つきあっていきましょう、そのために不具合があれば、一から見直していきましょう

と、根気よく向き合っていくパートナーシップのようだと今日おもった。

 

それは入れ替えがきくものでもなくて、耕し、時間をかけて石やゴミを取り除いて、硬く縮こまったところから、ふかふかの土になるまで繰り返し季節をまたぐ。

嫌になったら別れたら簡単だけど、そこに花を植えるしか道はないから、綺麗に咲くように

土壌をていねいに整えてゆくのだ。

 

今の小さな庭の一角の、花を植えようと決めた場所は、もともと花を植えるようになっていたわけじゃないので、土の状態は全然良くない。植木の根っこが張っていて、硬くて、なんだかまだ寂しい。

 

夏に植えた花を、ようやく今週せっせと

来年に備えるものと、捨てるものに分けて掘り起こしたけれど、コンテナで3年くらいかけて成長していた株は痩せ細って、根も小さくなってしまってた。

だいぶ捨てたけど、また来年咲いてほしいなとおもうものを残して、今日は硬い土を耕しながら友達のともちゃんと電話できて楽しかった。

ようやく役目を終えてった夏のお花さんたち

 

来年も咲いてほしいものは、プランタに移して冬を越す。

 

 

ここを耕して、お花でいっぱいにできるといいなあ。

 

耕す道具がないのでなかなか苦戦💦 スピアジャクソンのフォークを注文した。

https://www.spear-and-jackson.com

イギリスのガーデンツールのスピアジャクソン。最初に移植ごてを買うときに、いろんなメーカーのを見比べて、気にいって買ってから愛用してる

 

 

玄関前の、小さな一角も、土の状態は全然よいとはいえなかったけど、いくつか植えたハーブ達が生命力豊かに健在でいてくれてる。

 

名人のひとりであるともちゃんのママは、ハーブはポットではNGで地植えしかダメと言っているらしい。

毎回小さな鉢に入れては枯らしてしまうタイムも、今日そのあたりに移植した。

根が張れてなかったゼラニウムを少し移動させたんだけど、ちゃんと根付いてくれるといいなあ。

 

 

あっというまに枯れちゃったタイム😅これで何度目だろうか・・・

また復活するといいが

 

 

 

しかし、お花の綺麗さやそのいのちの美しさとは対照的に

土づくりと土を耕すことは、舞台裏中の舞台裏で本当に地味だ。

 

絵的にも労働的にも、ほんとうに下準備といった感じで

大変なんだけど、土壌がしっかりしているからこそ

花は安心して咲き開き、蝶がチラチラと飛び交う綺麗な場所ができるんだよね

 

本当その、じっと耐える準備期間は尊いよといつも思う。

 

人生とほんと同じ。

 

10月は、これからも毎年土を掘り起こす時間になりそうだ。

ちいさなハコニワ、肥沃なハコニワにしたい。

 

 

    Leave a Reply