DIY いろいろ くらしのこと、家のこと

DIYマイ

09/14/2021

台所DIYは本日苦戦中💦

単独作業も、手伝ってもらっての作業も問題ないんだけど、設計の相談が😂

いつも山下さんに【これをこうしたいけど、どう思うか?】と相談して

最後決定するのがいつも山下さん。

 

わたしのボスであり上司でもあり、保護者でもあり

トイレに行くか否かも時々😂指示してもらってるので、

 

結局今日は最後まで、仮設置で終わった。

 

(しばらく休暇で不在の山下さん)

 

でも楽しかった。

これ写真だとわかりにくいんだけど、下から電動ドライバーでネジを止めるので、頭で微妙に重さを支えてるところ(笑)

 

 

 

私の腕は細い。指も細い。足首も何もかもが細い。

 

でも、ひらひらのワンピースとかを着たまま、

電動ドライバーでガツガツ止めて行ったり、巨大な棚を動かしたり、のこぎりでブンブン切って行ったりするので、初めて見るひとはいつも、口を揃えて

【かっこいい!】と言う。

 

DIYは、わたしの料理の延長で、傷だらけ、泥だらけになるのを厭わない強い部分。

なにかを真剣に創作するのは、細やかなものだけじゃなくて、硬く無骨なものも同じみたいだ。

ともだちの家の電気を設置したり、遊びに行ったときに、棚板を作りにいったりした。

 

でも力がないから、1人だと

ネジとか止める最後の詰めが甘い工事になる😂

 

 

計画がたたないうちも、自由に組み替えられるIVARというシリーズは、失敗しても直せばいいという気楽さも含めて、すばらしく

すごく優秀で感動する。この雑で適当な感じや、オープンで風通しがよい感じが

台所にはピッタリで、どうしても素敵にしたいんだけど、

 

どうにもわからん。チーンてなってるところ↑

 

 

この折りたたみ机を、高さをカスタマイズして作業台として使おうと

強引な計画を立てたが、今日どうにも通路が塞がれてしまうのが気に入らず、なんとか作業台自体を半分に切って

細いキッチンに使いやすいようにならないかとおもって

ずっと延々プランBを考えてた。

 

ここばっかりは、山下さんが戻ってくるのをおとなしく待とう…。

 

(もはやイケアじゃなくて一から作った方が早い、いつもの展開😂)

↑サイトとか作るときも毎回こんなふうだった

 

 

 

こういうの設計するひととか、本当に尊敬する。

IVAR考えた人に感謝状送りたい。

 

 

タオくんが、小さい頃におうちを作る人になりたいと言ってたんだけど、そのうち工事の人になりたいと言い出したから、

ママのIVARみたいな棚を設計してくれる人にならないかな・・・

 

作業中、Maiの背の高さのとこにしるしをつけてくれた、山下さんの文字を

お守りみたいにしてがんばった。

 

山下さんのことが、大好きで大好きで大好きなわたしは、

彼の書いた文字にいつも胸をときめかせて大興奮になる。

大事で、その文字が彼の指先からその木の上に写し出されたと思うだけで、しあわせで、胸が苦しくなるくらいに嬉しくて、IVARの支柱に書かれたその文字の上に、そっとキスをした。

 

 

山下さんのしごとは、エンジニアらしい。

エンジニアって何する人か全然わかんないけど、このまえそう言っていた。

飛行機のエンジニア。なんてかっこいいんだ。

 

空飛びそうな台所にしたいな。

 

 

 

To be continued…

 

 

 

    Leave a Reply