ひとりごと・日々

ことば

01/18/2022

わたしは、ちゃんとした言葉を使う人が好きだと思った。

堅苦しいとか

語学力とか

ビジネス会話とかそういうことじゃなくて

 

言葉を

大切に扱う人

 

福祉の担当の人の使う言葉が

いやらしくて、イジワルで、、毎回泣いてしまって

 

でも根は悪い人じゃないみたいにみんな

言ってて

だから嫌な言い方してても

その人は嫌な人じゃない

ってのは理解できる

 

でもそれは

もともとが綺麗なひとなのに

デブで汚くて不潔で、素材がいいのに台無しにするのと同じだと思った。

 

自分への冒涜であり、裏切りであり、感謝の反対に位置すること

 

 

言葉も同じで

わかっているからといって

それを凄く、乱暴に扱ったり

無いものにしたり

むやみに飾り立てて醜くしたり

当たり前に汚くするようなこと

 

しかもそれに、気づかないこと

 

何を喋っているのか

無自覚の言葉の使い方をすること

 

人柄がたとえ、本当によくても

 

つかう言葉が不確かでおぼつかないことは

自分への冒涜であり、裏切りであり、感謝の反対に位置すること

 

なんだなと

 

 

そう思った今日

 

 

側にいる人には、

流暢な言葉ではなく

 

言葉を大切にすることを

してほしい。

 

上手にやることは、できる人もいれば、できない人もいるけれど

「大切にする」ことは、誰にでも平等にできる。

 

もともとの器量が悪くたって、丁寧にあつかう人たちは、やっぱりうつくしくなるし、言葉も同じだとそう思う。

 

それが(できないのではなく)しない人と一緒にいることは、わたしにとっては足場が無い場所を歩いてるみたいに

怖いことなんだとわかった。

 

言語の能力が低くとも

コミュニケーションの力が弱くとも

まだ言葉を話し始めたあどけない子供でも

それを一生懸命に

大事にする人とは

 

わたしは話ができるんだァ。

 

 

言葉を

大切にしよう。

 

与えられたものに

感謝しよう

 

ことばにちゃんと向き合ってくれるみんなに、

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

    Leave a Reply